チラシで売れる!デザインと販促のコツ

HOME » 売れるチラシについて » チラシで売れる!デザインと販促のコツ

チラシで売れる!デザインと販促のコツ

商品の販促にチラシを使う場合、チラシのデザインを制作する必要があるのですが、売れるデザインとは一体どのようなものなのでしょうか?
商品の広告チラシは、商品を宣伝するだけではなく、会社の名前も広く認知してもらうことが出来る媒体です。
画像、フォント、会社のロゴなどを効果的に配置して、お客さんに伝わりやすいようデザインすることで、販促効果を上げることができます。
非常に効果的な宣伝手法なのですが、工夫の仕方によって、販促力が変わってきますので注意が必要となります。

では、チラシにはどのような工夫をすれば、より効果があるのでしょうか?
ここでは、チラシの販促効果を高めるコツについて、詳しく紹介したいと思います。
そもそもチラシを配ることで、どのような効果が得られるのでしょうか?

チラシ戦略の一番の肝となる部分は、お客さんからのアクションがどのように返ってきたかを分析することだと思います。
アクションというのは、問い合わせであったり、来店数の増加であったり、実際に商品を購入されるお客さんの数が増えることです。
チラシを打つ前とチラシを打った後では、おそらくこれらの数字に変化が見られるでしょう。
数字に変化が見られない場合は、チラシの出し方がまずいということです。

では、どうすればチラシで、売り上げアップにつなげることができるのでしょうか?
それはチラシを打つタイミングを意識するということです。
例えば、給料日やボーナス前には、お客さんの財布の紐が緩くなりますので、そう言った時期を意識して、セールのチラシを打てば来店客が増加して、売上が増加しやすくなるでしょう。
特に、価格の高い商品を販売する時には、お客さんの懐事情が極めて大事になってきますので、その辺りをリサーチしておくといいでしょう。

後はチラシを定期的に配ることも大事です。
例えば、スーパーの折り込みチラシでは毎週何曜日かに、定期的に特売日を設けているところがあります。
「このお店は毎週水曜日が安い」と広告チラシを配布することで認識してもらえれば、その曜日に来店してくれるお客さんが段々と増えていくことでしょう。

また、チラシ広告は、商品の宣伝になるばかりではなく、お店の存在を認知してもらう効果もあります。
これはお店をブランディングできるということです。
まさにチラシ戦略は一石二鳥の方法なので、定期的にチラシを発行するのは、とても良い手段だと思われます。
また、チラシに割引券などをつければ、より高い集客効果を得られるでしょう。
お客さんは、メリットのある情報に目を留めやすいですので、割引券は有効な手段になります。
このように、チラシは工夫次第で売り上げに直結する効果が見込めますので、積極的に取り入れてみましょう。