チラシ販促の効果はあるの?

HOME » 売れるチラシについて » チラシ販促の効果はあるの?

チラシ販促の効果はあるの?

比較的、小規模の企業でも、営業戦略として使いやすいチラシ戦術。
広告チラシを発行すると、どのような販促効果が期待できるのでしょう?
今回は、チラシの販促効果についてまとめてみました。

チラシを配ることで一体どのような成果があるのかと言うと、問い合わせや、来店、購入などのアクションがあるということです。
商品の種類や値段帯によって、即売り上げに繋がるかどうかはわかりませんが、何もしないよりも、はるかに大きな営業効果があります。
また、売上に直結しなくても、チラシを見た人は、会社やお店の存在を知ることになるため、宣伝効果も期待できるでしょう。
お店のオープンを宣伝するよりも、特売や無料サービスを掲載した方が、宣伝効果は高くなります。

チラシを配布する機会が増えるにつれて、お店や会社の認知度は上がってきます。
また、会社の商品の価格帯を、チラシを見た人に認識してもらうことができるので、価格の不透明感が払拭されます。
一言でチラシ宣伝といっても、これだけのメリットがあるので、予算に余裕がある場合は、必ずチラシ販促を行った方がいいわけです。

あと、チラシの販促効果を上げるために、やるべきことがいくつかありますのでそちらを説明したいと思います。
チラシの効果を上げてお客さんを集客するには、まずターゲット層を明確にするということが肝心です。
誰に向けて配布するチラシなのかを明確にすることで、「一人」のお客さんの心に届きやすくなるわけです。
「一人」のお客さんの心に届くことで、そのお客さんから自然に口コミが拡散されていきます。
逆にターゲット層が明確ではなく、ぼんやりとしたままだと、たった一人のお客さんの心も掴めないまま、広告戦略が失敗に終わってしまいます。
これは非常に重要なことなので、チラシに掲載する内容は必ずターゲットを絞って考えるようにしましょう。

あと、広告を出す時期を意識するということも大事です。
例えば、給料日前やボーナス時期になると、人は財布の紐が緩くなりますので、そういった時期にチラシを出すことで、一気に集客をすることが可能となります。
タイミングがずれてしまうと効果を消してしまいますので、世の中のお金の動きをしっかりと把握していくことが肝心です。

後はチラシに割引クーポンなどをつけることで、お得感をお客さんに感じさせることも可能です。
このように工夫することで、集客効果が大きく変わってきます。
集客がうまくいかない人は、チラシの内容を練り直してみるといいでしょう。